『11月19日』山形上映会、終了。

IMG_4252.jpg
2017年11月19日、高瀬紅花ふれあいセンターで、映画『11月19日』山形上映会が行われました。

IMG_4299.jpg
前日から雪がハラハラと降り、当日の朝には軽く積もったくらいにして…。果たしてお客さんがどれだけ来てくれるのかハラハラでしたが、結果的に多くの方に足を運んでいただきました。写真は1回目の上映15分ほど前のものですが、このあとまだまだ入場される方がいて、それでもまだ駐車場は混雑してるし(地域有志の皆さんの誘導協力に助けられました)、イスが足りなくなるんじゃないかとハラハラしたくらいで、上映後に明かりが点いてみればほぼ満席でした。

上映前に行われた神谷正智監督の挨拶では、制作の経緯や地域への感謝などが語られました。年代も幅広く、20代の隣に70代・80代もいるという、普通の映画館ではあまり見られない画がありました。監督の、冗談を交えながらも真実味をもって語られる苦労話にじーちゃんばーちゃんから笑いが漏れてちょっとほっこりしたり。

2回の上映で、入場者は200名ほど。

本当にありがとうございました。



個人的には…「タイトルが『11月19日』なら、上映日は11月19日だ!主に高瀬で撮ったんだから高瀬で上映だ!」…という勢いというかノリもありつつ、秋のイベント最盛期ゆえ被るイベントも多く、上映会実施の決定から当日までタフな日々だったように思います。ポスターやフライヤーを仕事の合間に一気に作ったりするのも久々で。VFXを施したカットは、やはり大写しで見ると違いますね。監督から、東京で行われた試写では概ね好評だったと聞いたものの、もう少し勉強しないといけないな、と。また上映会の運営やや広報・集客でも「あー、こうすりゃよかった」がポロポロと出てきます。まあ、次に生かす材料として前向きにとらえる事にしときます。



そして、東京上映。
12月17日(日)、渋谷アップリンクです。
詳細・座席予約は公式サイトでどうぞ。

テーマ : 映画
ジャンル : 映画

映画『11月19日』山形上映会。

山形市では、先日まで山形国際ドキュメンタリー映画祭が開催されていました。個人的には、一緒に自主映画を作っていた映像作家・佐藤広一くん(ググると同姓同名の会計士方が出ますが(笑))の監督作品『世界一と言われた映画館』が高評価だったようで何より、というところです。



一方、僕が足掛け3年ほど関わった映画『11月19日』も間もなく完成ということで、まずは山形での完成上映会をやります。

映画『11月19日』山形上映会
日時:11月19日(日) 午後3時/午後6時(開場は30分前・本編84分)
会場:高瀬紅花ふれあいセンター
料金:前売り500円/当日1000円/学生(前・当とも)500円

会場に駐車場はありますが、多くはありません。乗り合いや早めの来場にご協力をお願いいたします。
チケットや上映会に関する問い合わせは、ブログへのコメントかメール(t2ya_the_one@mac.com)でお願い致します。

予告編は、監督・神谷正智さんのYouTubeチャネルでご覧いただけます。
当日は来場する予定なので、感想や疑問や意見をぶつけていただくのも良いかもしれません。

出演は中村優里さん、兵藤大地さん、佐々木麻衣さん、河合朗弘さん、阿部佑樹さん、小山梨奈さん、元岡伸治郎さん、満利江さん他。山形の劇団関係者や新庄東高校の生徒の皆さんにも多数協力していただきました。

2.jpg

1.jpg

3.jpg

4.jpg

7.jpg

6.jpg

5.jpg

主人公の高校生たちが、日々の結び目やほつれに揺れる姿には、懐かしさを覚えたり、ちょっとハラハラさせられたりするかもしれません。また、ある意味この作品は「外からの目線」です…故に、いつもの風景が、いつもと少し違って見えるかもしれません。

是非。

テーマ : 映画
ジャンル : 映画

今年初・芋煮会。

IMG_4042.jpg
山形では子供会レベルでの芋煮会なんかも割と盛んでございまして。
昨日の朝から午後まで、河原…ではなく近所の公園でなんですが、これが僕にとって今年初の芋煮会となりました。

IMG_4040.jpg
双子の主な業務は、蒟蒻千切りと、

IMG_4048.jpg
火の管理。というか火遊び。

そのあとは2人とも友達や小学校の先輩と回旋塔で延々回ってたんですが、双子弟は「芋煮だけじゃなく芋煮カレーうどんも食べたいから!」と、草むらでのダッシュと腕立て伏せとでんぐり返しも取り入れてました。その向こう側には、最近顕著な双子兄より大きくなりたいという張り合いの意識が見え隠れしてます。双子兄もまた弟より大きくなりたいと思ってるらしく。最近は2人で張り合ってることも増えてるように思います。

IMG_4044.jpg

IMG_4063.jpg

IMG_4065.jpg

IMG_4068.jpg

IMG_4074.jpg
ノーマルな醤油・牛肉タイプと、

IMG_4086.jpg
芋煮カレーうどん!



小学校の先輩女子や親御さんに双子の見分け方を聞かれたので、「なんとなく」と答えました。実際こまかく見ていくと違いはいろいろあるんですけど、普段はなんとなく「こっちかな」なので。なお、先輩女子は兄を「きりっとしてる方」と称しており、(だと弟は「ゆるっとしてる方」だろうか…)とか思いましたけど「かわいい方」だそうです。しゃべり方の違いなんかもあるので、2人の違いから兄弟を判別するのは、案外難しくないと思います。
ただ、1人ずつだと、慣れない方には難しいかもしれません…。

IMG_4055.jpg
日差しが暑かったけど、楽しい時間でした。

テーマ : 双子の子育て
ジャンル : 育児

ギリ展。

片桐仁が出演する舞台が12月に山形でも上演されるってんで喜んでたんです。ただ「双子いるし何せ12月だしなー」と、微妙に難しい感じにもなってました。



数年ぶりに盆期間に休みを取ることになり、妻の実家に遊びに行ったのです。そしたら名取のイオンで「ギリ展」を開催中とたまたま知って、しかも片桐仁による子供(家族連れ)対象の粘土ワークショップがあるというじゃないですか。このタイミングでそこに来てるなら行かなきゃならんだろうと思いまして。山形に帰るのが遅くなるのを覚悟の上で、ワークショップに参加して、ギリ展を観てきました。

結果、行って正解でした。単純にワークショップも楽しかったし、短い時間ながらも片桐仁ご本人と山形ネタを話せた…と言うのももちろん嬉しいんですが。僕の好きな、ハマる、「よし、俺も作ろう」って気になる作品が多くて。

IMG_3880.jpg

IMG_3876.jpg

IMG_3869.jpg

IMG_3870.jpg

IMG_3872.jpg

IMG_3871.jpg

IMG_3877.jpg

IMG_3883.jpg
双子にはワークショップ前に「ジュモクさんだよ」と吹き込んでおいたのが大きかった、かもしれません。ワークショップ中は「うまくできない!ってグダグダになるかな…」という僕と妻の心配をよそに集中制作し、予定より4時間ほど遅れて山形に帰宅しても「かたぎりさんに会ったねー」とヘラヘラ振り返ったり、ワークショップの作品をブラッシュアップしたりと、こっちが思ってたよりも随分楽しんでくれたようです。

テーマ : 日々のつれづれ
ジャンル : 日記

43。

8月5日、42歳最後の日は山形市で花笠まつり…をすっ飛ばし、新庄の実家の町内会のまつりに参加。

panorama.jpg

IMG_3737.jpg

IMG_3746.jpg

IMG_3749.jpg

IMG_5299.jpg

イントラとかプロジェクターが案外本気っぽくて楽しかったです。僕はビールとおつまみセットで十分だったんですが、漬物やらいなり寿司やら太巻きやらご近所さんの持ち寄りおつまみもたくさんあって腹一杯。双子はフランクフルトと焼き鳥とアイスを食いまくって、屋台のおんちゃんに「きみが一番フランクルト食べてるね!」て褒められた?そうです。普段は小食なんですけどね。お祭りの雰囲気で食べちゃうのかなー。

関係ないんですけど、先日、花笠まつりを本気で「服部まつり」と呼ぶ人を初めて見ました。まあ、そんだけ影響が大きかったんでしょう。個人的には、花笠まつりは山形市より、発祥の地である尾花沢市のイメージが強いです。



8月6日、43歳の朝は、やっぱり広島の慰霊式典から。
その後帰宅して、自宅でお祝いしてもらいました。
IMG_3779.jpg

IMG_3783.jpg

IMG_3785.jpg

IMG_3782.jpg
実家から強奪してきた青森・尾崎酒造の「安藤水軍」、そして新庄から買ってきた馬刺し!



特に激しく変わることはないと思いますが、43歳もなるべく楽しむために頑張ります。

テーマ : 日々のつれづれ
ジャンル : 日記

プロフィール

哲哉

Author:哲哉
山形在住。フリーのデザイナー。
東北芸術工科大学2期生/情報計画専攻。地元テレビ局で毎日の締め切りに追われつつ、自主映画を撮ったり山形自主制作映像祭で上映したり双子を育てたり。あとは少林寺拳法の稽古を細々と。
美味しいもの好き。お酒だいすき。

映像や紙の仕事、承ります。
http://www.dewa.or.jp/tse

Facebookはこちら。
https://www.facebook.com/tetsuya.sato.35

t2ya_the_one@mac.com

ドロップダウンカテゴリリスト
検索フォーム
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
リンク