分からないならサポートコミュニティを使えばいいじゃない

supportcommunity.jpg

ここ数年、よくサポートコミュニティを利用しています。上のキャプチャ画像はアップルのサポートコミュニティトップページですが、アフィニティにブラックマジックデザインにアドビに…アプリケーションやハードウェアの使い方・トラブル解決など、知ってる人の適切な回答を得られやすいと感じます。

特に、英語版のページ。日本語で検索してもなかなか出てこない情報を、英語で検索したらフォーラムでとっくの昔に話題になってた…という経験は少なくありません。また、一つの問題に対処するための情報や分析の深さ・広さも違うと感じています。僕自身、それほど英語は得意ではありませんが(英語が不得手で大学院に落ちましたし(笑))、同じアプリケーションを使ってる故の知識やWeb翻訳を併用することで、案外解決できてしまいます。

日本語でも英語でも…多分その他の言語でも…コミュニティの良いところは多角的な情報とそれに関する議論ができることだと思います。みんな日本語でももっと使ってくれないかなーと、本当に思います。

テーマ : Mac
ジャンル : コンピュータ

iCloud写真共有、「参加依頼」が送れない?[回避方法の追記あり]

離れて暮らすじーじばーばに写真を見せるため、iCloudの写真共有を使ってます。うちのじーじばーばは割とパソコンやiPadを使えるため、これが手っ取り早くて良かったんです。今年も、1月1日にiPhoneで新しく共有アルバムを作り「参加依頼」を送信しました。

IMG_5018.png
…が、いずれも「参加依頼済み」となるものの、iCloud/Gmail/Yahooなど、いずれにも着信していません。

Twitterで検索したところ、去年12月の半ばくらいから、似た症状が出ている方が何人か見つかりました。一方Googleでの検索は、日本語/英語とも、それらしいのは見つけられず。Appleのディスカッションボードに質問を投げてみたり、別の方も似たような状況にあったり…。いずれも解決策が見つかってないので、少数事例なのかなあ。



試したことは…
・受信側の設定確認:いずれも着信拒否などは設定されていない
・招待者に、メール.appから私のiCloudアカウントのメールを送信:正常に受信
・共有アルバムの設定を「公開Webサイト」にしリンクを招待者にメール送信:正常に受信・共有アルバム閲覧可能
・「参加依頼済み」状態の招待者に「参加依頼を再送信」:着信せず
・上記共有アルバムを一度削除し、再作成・招待状の送信:着信せず
・日を置いて再作成・招待状の送信:着信せず
・私がオーナーの、他の共有アルバムから招待状を送信:着信せず
・iPhone上でiCloudをログアウト・再度ログインして招待状を送信:着信せず
・Mac(MacPro2013+OS X10.11.6)の写真.appで共有アルバム作成・招待状の送信:着信せず



うーむむむ…

去年11月ごろからiCloud経由でスパムが送りつけられ、12月にその対策がiCloudサーバに施されたそうです。このことが関係しているのではないか…と想像していますが…。

情報や解決策をご存知の方、ご教示をお願いします…(泣)

----------

2017.1.11追記
「SMS経由なら参加依頼を送れる」というアドバイスをいただきました。僕の場合は先方がiPadやPCなので応用することはできませんが、これで何となく問題点が絞れてきた印象です。また、念のためAppleにフィードバックも送っておきました。結局対応待ちではありますが、何もせずにいるよりはマシでしょう。

----------

2017.1.20追記
コメントを頂きました。

共有アルバム名に、日本語・数字3ケタ以上が入っていると、参加依頼が送れなくなるようです。
アルバム名を半角英数にすることで、参加依頼の送信と先方の参加が可能になりました。
なお、半角英数であれば数字の桁数は関係ないようです。
これもAppleにフィードバックしました。
コメントして頂いた方、ありがとうございました!

----------

2017.1.24追記

未検証ではありますが…
・共有アルバム名が日本語で「家族」なら参加依頼を送れる、という情報を頂きました。
・共有アルバム名を英数で作成し、参加依頼を送信→全員が参加した後ならアルバム名を日本語に変更しても写真は問題なく共有され、参加者から見えるアルバム名も日本語になるようです。ただ、その状態でも更なる参加依頼は送れなくなるようです(再びアルバム名を英数にすれば送れるかも?)。

テーマ : Mac
ジャンル : コンピュータ

ちゃんとしたスパム。

spam.jpg
「Your Apple ID has been suspended」というタイトルのメールが届きました。
差出人のメールアドレスは noreply[at sign]appleid.ssl.com ですって。



本文は
----------
Dear Customer,

Our automated system was recently unable to validate your details and therefor we require you to complete a short validation process. Please proceed to the link below in order to avoid any interruption to your Apple services.

Click here to validate your account information >

This link will expire 48 hours after this email was sent and your Apple ID may be suspended.

Apple Support
----------
「お客様の本人確認が必要となりました。48時間以内に以下のURLでIDとパスワードを入力して下さい」的な?



長年Appleのメールを受け取ってる人や、インターネットのセキュリティにそこそこの知識・経験がある方なら、すぐに違和感を覚える内容かと思います。iPhone6sの発売から間もないので、「Apple製品を初めて/最近手にした人」を狙ってフィッシング詐欺を仕掛けたんだろうなあ、と。

で、ちょっと検索したら、やっぱりそういう事例が出てきてるみたいで。
フィッシング対策協議会「Apple をかたるフィッシング (2015/10/02)」 https://www.antiphishing.jp/news/alert/apple_20151002.html



ただ、この見た目は「Appleからのメールをよく知ってる人が頑張って真似したんだなあ」とも思います。詳しくない方が見たら、本当にAppleからこういうメールが来た…と思うかもしれません。そういう意味で、久々に「ちゃんとしたスパム」だったと思います。



2015.10.16 追記
「You have a email that will be deleted in 3 days.」なんてのも来てた。

テーマ : Mac
ジャンル : コンピュータ

まさかのマンガ線。

20150414.jpg
きのう突然(という印象が強いです)行われた、FCP X 10.2/Motion 5.2へのアップデート。XAVC-S対応とかスマートコレクションのイベント・ライブラリ対応とか地味に嬉しいんですが、「え、なになに、なに急に本気出してきてんの?」という驚きもありました。最近は細かい刻みのアップデートが続いてたんですけど、NABに合わせたのか、OS X/iOS開発へのリソースが一段落したのか…。対応OSが「OS X 10.10.2以上」…つまり、ほぼ最新版…に限定されたあたりにも、何やら急に本気出してきた感を感じます。

特にFCPについては7からXになった時点で明確にコンセプトが変わり、7で「多くのスタジオや技術者の連携」を目指していたのが、Xで「1人でなんでもやるシステム」になってきてるのかなーと思っています。まあXで連携作業ができないかというと、スマートコレクションをきちんと使えばできるとは思いますが(今んとこ、そのようにしてます)。

Mac大好きBlackmagic DesignのDaVinci Resolveも良いしFusionもMac版が開発中みたいだし勿論AfterEffectsも使ってますけど、FCP XとMotionは個人的に手になじむ感じがしてるので(ほんと僕は編集者じゃないんだなーと思います)今回のアップデートは単純に嬉しかったりしてます。



で、今回Motion 5.2に幾つかジェネレータが追加されたんですが、まさかの「マンガ線」新搭載! 「なんでだよ! なんでマンガ線なんだよ! ていうか“マンガ線”てなんだよ!」と爆笑…アップデートで爆笑という新たな体験をしましたよ。急に本気出してきた!
mangasen.jpg
“集中線”じゃないのね。色とかレイヤーモードとか変えて遊ぶのが何気に楽しいし便利なんですけどね。

テーマ : Mac
ジャンル : コンピュータ

Affinity Designerのバグ。

Affinity Designer起動直後は問題ないんですけど、
adss1-2.jpg

New(Command+N)を選択すると、画面右上にあるColour/Swatches/Stroke/Brushesのタブが隠れてしまいます。あくまでもタブが隠れてるだけらしいので、ギリギリ見えてる所をクリックすれば選択できなくもないんですが…当然ながら、非常に使いずらいです。
adss2-2.jpg





ADが起動していない状態で、既存ファイル(.afdesign)をダブルクリック(もしくはCommand+O)で開くと問題ないのですが、
adss3-2.jpg

起動した状態でダブルクリック(もしくはcommand+O)で開くと、こちらもタブが隠れてしまいます。
adss4-2.jpg





上記のような「隠れた状態」になると、Document setupやPreferencesも完全に隠れてしまいます。
adss4-4.jpg

adss4-3.jpg



ほかにも細かいバグが散見されましたが、ちょっと意外なところで戸惑ってしまったのでした。
ただこの現象、日本語でのバグ報告も英語でのForumでも見当たらないので(単に見落としてるだけの可能性もあるけど)、僕の環境だけなのかな?とも思ってますが…どなたか同様の状況になった方いますか?

Mac Pro(Late 2013), OS X 10.10.2, Affinity Designer 1.1.2

テーマ : Mac
ジャンル : コンピュータ

プロフィール

哲哉

Author:哲哉
山形在住。フリーのデザイナー。
東北芸術工科大学2期生/情報計画専攻。地元テレビ局で毎日の締め切りに追われつつ、自主映画を撮ったり山形自主制作映像祭で上映したり双子を育てたり。あとは少林寺拳法の稽古を細々と。
美味しいもの好き。お酒だいすき。

映像や紙の仕事、承ります。
http://www.dewa.or.jp/tse

Facebookはこちら。
https://www.facebook.com/tetsuya.sato.35

t2ya_the_one@mac.com

ドロップダウンカテゴリリスト
検索フォーム
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
リンク