怪獣たちと、撮影と。

ご無沙汰です。
近頃はホント、双子にかかりっきりでした。
2人とも最近は調子に乗ってゴリゴリ成長しています。
ぐずる怪獣たちに1時間半かけてミルクを飲ませたり、同時泣きや時間差泣きに対応したり、
随分苦労もしたような気もしないでもないですが、
お陰で体重は間もなく6kgに達しようかというところ。
パンチ力・キック力も増してきて、怪獣としてのレベルが上がってきてます。

この2ヶ月あまりの間に、多くの友人に再会しました。
山形で、一緒に映画芝居をやってた友人。
遠くは福島、千葉、東京、京都から。
本当は酒を飲みたいんだけど流石にそれはガマンして、
お互いの今やこれからの事など真面目な話をちょこちょこと話しつつ、
やっぱり馬鹿みたいな話もしたり。
わざわざ来て頂いて、ホント感謝です。

nezou
朝起きたら、布団と布団の間の隙間に収まってました。
こんなトボけた2人ですが、不思議と色んなものを“引っ張ってきてくれる”…って気がしてます。



以前にも書きましたが、母校で映画を学ぶ後輩の作品に、ちょろっと出演してきました。
「2シーンだけ出演する、ちょっとした役なんですが…」
「高校の先生役で、授業とかのシーンを…」
なんて聞いていたのですが、
脚本を読んでみたら「え?意外と重要な役じゃね?」と。
…主人公に対して結構重要なキーワードを言っちゃってるんです。

山形市内の高校での撮影でしたが、いや~暑かった!
撮影日は最高35℃くらいになったんですが、エアコンなし。
なので水分補給はこまめにやったんですが、
「ほぼ女子校」という所なので、男子トイレが少ないのにも参りました…。
監督も今回が自主映画初挑戦ということで…嗚呼、まるで過去の自分を見るよう。
ええ、妙な緊張感がてんこ盛りでしたよ。
まあでも、やっぱり自主映画の現場に参加するって楽しいなあ。
ほんの数行の台詞に5テイクくらい重ねてしまって申し訳なかったけど…とほー。



さて、いま書いてる自主映画の脚本について。
「山形を舞台にした探偵型アクション伝奇SF」となっていますが、
ようやく3分の2ほど書きまして…
恐ろしいことに、結構根本的な部分から書き直してます。
理由は「探偵っぽさ」の強化です。
探偵業について勉強するにつれ、もうちょっと膨らませたくなったんです。
ほんと、これが仕事だったら絶対に許されないことですね。
今年中には上梓しなきゃな。

これに加え、同じ探偵を主人公にした短編を1本企画中。
こちらは純粋?に、探偵ものの話になるかな…どうだろう?
僕は「ジャンル分け」を意図的に排除したいので(ジャンル分けが嫌い!ってコトではないです)、
どこにも属さない物語になる、かも。



まだまだ書きたい事は一杯ありますが、まずはこの辺で。

テーマ : 日々のつれづれ
ジャンル : 日記

プロフィール

哲哉

Author:哲哉
山形在住。フリーのデザイナー。
東北芸術工科大学2期生/情報計画専攻。地元テレビ局で毎日の締め切りに追われつつ、自主映画を撮ったり山形自主制作映像祭で上映したり双子を育てたり。あとは少林寺拳法の稽古を細々と。
美味しいもの好き。お酒だいすき。

映像や紙の仕事、承ります。
http://www.dewa.or.jp/tse

Facebookはこちら。
https://www.facebook.com/tetsuya.sato.35

t2ya_the_one@mac.com

ドロップダウンカテゴリリスト
検索フォーム
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
リンク