ブタとパンツに関する一考察#1

パンパカパンツぶた

パンパカパンツ』というアニメをご存知だろうか。
静岡発祥だが、その他には山形と熊本でしかOAされていない。
このブログをご覧の方で上記3県以外の方は馴染みがないかもしれない…いや、
例え山形や熊本にお住まいであろうとも、やはり馴染みがないかもしれない。

静岡では「知らない人はいない」とさえ言われるこのアニメ。
静岡放送・東映・DLEが共同制作した、
「パンツ大好き!」なブタが、画面狭しと踊り暴れる、ちょっとシュールな内容。
銭湯編・絵日記編・歯みがき編など複数のバージョンが制作されている。
各バージョンの尺はおよそ1分だが、
作りこまれたフラッシュアニメとノリの良い音楽、
そして何より、軽快なブタたちの姿に見入ってしまう。

いまやキャラクター大量生産・大量消費時代。
使い捨てのキャラクターが1ヶ月だけ大活躍、その後はぱったり…
時流に乗って作ってはみたけど、鳴かず飛ばずでお蔵入り…
キャラクターたちの墓標はビッグバン直後の10秒間にも匹敵する速度で増加を続け、
一説には、日本の不況の一因ともいわれている(*1)。

そんな中でパンパカブタたちは、
文房具など定番のグッズ展開はもちろんのこと、
静岡限定で発売されたDVDがオリコン20位を記録(*2)、
ニコニコ動画でファンによる多数のMADが公開される、
最近では『太鼓の達人』にも進出するなど、徐々にその勢力を拡大してきている。
気になる方はYoutubeなどで検索し、ぜひ見てもらいたい。

(*1)阿乱角士『海苔巻ガジラとゴールドライタンのマクロビオティック経済理論~メカ次元は捨て子ザウルスの腹を満たすか~』 ARAN Sumiji "NORIMAKI Gadzilla and Gold Lightan's Macrobiotic Economic thesis"
(*2)オリコンランキングなんて時代遅れな上に情報操作まみれじゃん!JASRACとつるんでセコいことしてるんでしょ?という意見もあるが、少数意見なのであえて無視する。




さて…僕はこの一連のシリーズに、幾つかの疑問を覚えている。
その中でも、特に強い2つの疑問。

なぜ、豚なのか?
なぜ、パンツなのか?

この2つについて、以降のブログで考察してみたいと思う。

テーマ : 日々のつれづれ
ジャンル : 日記

プロフィール

哲哉

Author:哲哉
山形在住。フリーのデザイナー。
東北芸術工科大学2期生/情報計画専攻。地元テレビ局で毎日の締め切りに追われつつ、自主映画を撮ったり山形自主制作映像祭で上映したり双子を育てたり。あとは少林寺拳法の稽古を細々と。
美味しいもの好き。お酒だいすき。

映像や紙の仕事、承ります。
http://www.dewa.or.jp/tse

Facebookはこちら。
https://www.facebook.com/tetsuya.sato.35

t2ya_the_one@mac.com

ドロップダウンカテゴリリスト
検索フォーム
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
リンク