今宵堂、山形へ。

今宵堂は、京都の小さな町家にて、
夫婦ふたりで営んでいる職住一体の酒器工房です。

仕事から帰って、ひとり小酔の晩酌。
気の合う仲間との楽騒なる酒宴。
そして、大切な人とふたりきりで呑んで過ごす、ゆっくりとした時間。

そういった暮らしの中にある
「呑む、ひととき」のための器(徳利や盃、肴を盛るための小皿など)
を制作しております。


今宵堂HPより



--------------


今宵堂の上原連くんとは、大学時代からの付き合いです…そうか、もう15年くらいにもなるのか!
大学で話したときの印象は、「ずいぶん頭の良いヤツだなあ」。
でも、よくよく話すと、単に頭が良いだけじゃなく、面白いヤツでした。

印象に残ってる事と言えば…
「山形と言えば『おもひでぽろぽろ』」
「冬なのにハーフパンツ」
「髪を乾かす時はドライヤーは使わない」
「あらゆるカップラーメンを食った」
…などなど…まあ、これだけ見ると野生児ですね。
あと、山形で蕎麦が好きになり、県内の蕎麦屋をかなり食い歩いたみたいです。
曰く「蕎麦も好きだけど、それを含めた蕎麦屋の雰囲気が気になる」と。
また『BACK TO THE FUTURE』が好きという点も見逃せません。
『BACK TO THE FUTURE』が好きな人に、悪い人はいません。
ほかにもパフォーマンス集団で芝居の脚本を書いたり、ボランティア団体の会報を作ったり…
僕と一緒に、温泉旅館のテレビCMを作ったりもしました。
まー、なんとも多彩で、しかもいちいち良いモノを作るんです。

大学では「情報計画」というデザインを学び、卒業後は京都のゲーム会社へ。
しかししばらくぶりに連絡したら、いつの間にか京都の焼き物の学校に行き、
京都で結婚して窯を開いてました。

僕の結婚式では、今宵堂に酒器を焼いてもらい、引き出物にしました。
いまでは家族ぐるみでの付き合い(っていうのかな?)をさせてもらってます。




で。
その今宵堂が、山形で展示会をやります。

「山形蕎麦猪口物語」
4月29日(金)~ 5月15日(日) 11:00 ~ 18:30 ※ 水曜定休日
会場 / ぎゃるり葦 山形市香澄町2-1-4 TEL:023-622-1234

koyoido

蕎麦好きが高じて蕎麦屋を始める人もいますが、
今宵堂は、蕎麦好きが高じて蕎麦猪口を作ったようです。
そのうち蕎麦も作るのかな?

是非、観て下さい。
楽しめると思いますよ。

テーマ : 日々のつれづれ
ジャンル : 日記

プロフィール

哲哉

Author:哲哉
山形在住。フリーのデザイナー。
東北芸術工科大学2期生/情報計画専攻。地元テレビ局で毎日の締め切りに追われつつ、自主映画を撮ったり山形自主制作映像祭で上映したり双子を育てたり。あとは少林寺拳法の稽古を細々と。
美味しいもの好き。お酒だいすき。

映像や紙の仕事、承ります。
http://www.dewa.or.jp/tse

Facebookはこちら。
https://www.facebook.com/tetsuya.sato.35

t2ya_the_one@mac.com

ドロップダウンカテゴリリスト
検索フォーム
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
リンク