Blenderはじめました。

blender.jpg
ちょっと色々ありまして、最近、Blenderの勉強を始めました。



その昔、あるMac雑誌のモニター懸賞でShadeに当選したことがありました。確か定価は10万円くらいだったかしら。3Dには元々興味があったのでダメもとで応募したのですが、まあ、ラッキーでした。そこそこ楽しく(時にバグに苛立ちつつ(笑))勉強がてら遊び、その流れで「Shadeの3DCGをアニメーションさせて、Aftereffectsで実写と合成してみようかな?」と考えたのでした。

挫折しました。PhotoshopもAftereffectsもそれなりに乗り越えてきましたが、Shadeの動画制作工程の面倒くささには完全敗北です。一応「Shadeはアニメーションが作りにくい、いやむしろ無理」という情報は、懸賞応募前から知っていました(その方面では有名な話)。だからこそ「どこまでいけるかな?」という好奇心と言うか悪戯心が沸いてきたのですが…しかし…もうコレは…いや、単に僕の修行不足なのかもしれませんが。オブジェクトを直進させたり回転させたりするために、それに対応したオブジェクトを仕込まなくてはならないという工程にはうんざりしました。「なんでそれを仕込まないとアニメーションできないの?」と、根本的な部分に疑問が沸いてきちゃいまして。今は静止画制作でたまに遊んでる感じです。



閑話休題。



Blenderは元々オランダのCG制作会社のインハウスツールとして開発されたとのことですが、色々あってフリーウェア化。現在はBlender本家のほか、有志による日本語の情報サイトもあります。モデリングからレンダリング、アニメーション、果てはコンポジット(合成)やインタラクティブコンテンツの制作までできちゃうのにフリーウェア(貧乏デザイナーにはここ大事!)ということで結構有名なんですが、同時に狂ったようなインターフェイスでも有名です。

●狂ったUIその1:X/Y/Z軸の扱いが違う。一般的な3Dソフトでは、学校の数学でもお馴染み「X=横軸 Y=縦軸 Z=奥行き」ですが、Blenderはまずその点に反旗を翻し、「X=横軸 Y=奥行き Z=縦軸」と定めました。これは設定変更できません。でもまあ「他のソフトにインポートする必要があるなら、その時90°回転すりゃいいじゃん!」という安易な考えに基づき受け入れております。元々ゲーム開発にも利用されていたということなので、3Dフィールドのプレイヤーキャラクターを、プレイヤー視点=キャラクターの上・斜め上から観ると考えたとき、背景の広がりを(X,Y)で表すなら、この座標の方が利用しやすかったのかな。まあ単なる想像ですけど。

●狂ったUIその2:マウスの操作が違う。オブジェクト選択は通常「左クリック」ですが、Blenderでは「右クリック」。なぜその必要があったのかは不明です…が、これも設定で左クリックにできます。ていうかしてます。

……うん、こうして書き出してみたら、大して狂ってませんでした。というか僕自身あんまり気にしてませんでした、すいません(笑)。あえて言うなら、パネル・アイコンの類の配置がちょっと分かりにくいでしょうか…まあ、これも慣れの問題と思っています。起動直後は英語表記ですが、設定メニューからあっさり日本語化できます(個人的には英語の方が分かり易い気がしてますが…)ので、言語の壁も低いと思います。



唯一「困ったと言うほどでもないけど何とかならないかな」と思っているのが、マウス操作です。僕はCG制作をする時、ELECOMのEX-Gという有線ウスを使っています。左右のクリックボタンの他にホイールも付いているので使えるだろうと判断していたのですが、ただ1点、「ホイールをクリック」だけが使えませんでした…。このマウスの設定はELECOM独自の管理アプリケーションで行うのですが、ホイールのクリックには「OS Xの機能を割り当てるか、OFF(クリックに反応しない)にする」しかできないようなのです。

Blender上でホイールをクリックすると、上記アプリの設定が優先され「OS Xの機能が呼び出される」か「OFF(無反応)」となります。Blenderの機能「ホイールクリック(ドラッグ)で視点移動」ができないのです。ホイール回転での視点移動(ズームイン・アウト、shiftなどのキーコンビネーションで視点の垂直・水平移動)は正常にできるので、ホイールのクリックだけができない。テンキー移動やカメラオブジェクトの利用でなんとかなりますが、せっかく機能があるのに使えないのはちょっと勿体無いという貧乏性パワーを発揮し、「キーコンビネーションを使い、2ボタンマウスやトラックパッドで3ボタンをエミュレート」あたりの設定で何とかならないか試しているところです。



とまあ「いかにも始めたばかり」なお悩みがある(大して悩んでないけど…)のですが、Blender、楽しいです。



2016.7.19追記;
現在は、上記ELECOMのマウスではなく、AppleのMagicMouseでBlenderを使ってます。

■視点移動
スワイプのみ:回転(上下・左右・斜め。実質「ホイールドラッグでの視点移動」)
Shift+スワイプ:平行((上下・左右・斜め)
Control+スワイプ:前後

■プロポーショナル編集
1本の指でマウス中央付近を押し込んだまま、もう1本の指で上下にスワイプ

テーマ : 3DCG
ジャンル : コンピュータ

プロフィール

哲哉

Author:哲哉
山形在住。フリーのデザイナー。
東北芸術工科大学2期生/情報計画専攻。地元テレビ局で毎日の締め切りに追われつつ、自主映画を撮ったり山形自主制作映像祭で上映したり双子を育てたり。あとは少林寺拳法の稽古を細々と。
美味しいもの好き。お酒だいすき。

映像や紙の仕事、承ります。
http://www.dewa.or.jp/tse

Facebookはこちら。
https://www.facebook.com/tetsuya.sato.35

t2ya_the_one@mac.com

ドロップダウンカテゴリリスト
検索フォーム
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
リンク