MiniDV、今こそ。

minidv.jpg
長いこと自主映画の制作や上映に関わってきたので、必然、MiniDVテープが多くなります。山形在住の監督さんはもちろん、全国各地から送られてきたテープも多くあります。もちろん、僕自身が自主映画やお芝居や友達の結婚式やなんやかんやで撮影したテープも盛り沢山です。まさしく宝の山!

しかし、MiniDVテープで撮影しなくなって何年くらい経ったでしょう…MiniDVテープを最後に買ったのはいつだっけ? もちろんMacに取り込み済みのものも多くありますが、取り込んでいないものもまた多くあります。遅かれ早かれテープは劣化して、デッキに入れて再生ボタンを押した途端にブチっと切れてしまうようになると思います。あるいはデッキ…僕の場合はカメラをデッキ代わりにしてますが…がイカれてしまうことも十分に考えられます。所詮は管理に限界のある一般家庭ですし、企業にしてみりゃ売れないモノをいつまでもメンテしないでしょうしね…。

と言うわけで、これらお宝テープが観られなくなって「うわーHDDにぶち込んどけば良かった」と後悔する前にHDDにぶち込むことにしました。



とはいえ手持ちのDCR-VX2000のインターフェースはFire Wire 400(i.LINK)4ピン…んー。現在僕が使っているMac Pro (Late 2013)にはFire Wireのポートはございません。ベルキンのドッキングステーションなんかも考えましたが、予算と折り合わず…変換アダプタをチマチマとつなげていくことにしました。

vx2000.jpg
Mac Pro (Late 2013)
<=> Apple Thunderbolt - FireWireアダプタ
<=> ELECOM FireWire変換アダプタ(FireWire800 9ピン オス - FireWire400 6ピン メス)
<=> FireWire400ケーブル(6ピン - 4ピン)
<=> DCR-VX2000

変換多いわ~と思いながらも、Final cut pro XやiMovieを起動。いずれもカメラは問題なく認識されました。ちゃんと「VX2000」とカメラ名まで表示されて、「こんな古いカメラまでちゃんと認識しとる!」となんだか妙に感動してみたり、「そういやMiniDVテープは、買ったらすぐ頭からケツまで黒味を入れたなあ…(途中で時間表示が途切れたりしないように/途切れると後々の管理がめんどくさくなる)」と唐突に思い出してみたり。



そして、MiniDVの取り込みをやってて思い出しました。
8mmフィルムもテレシネしないとなあ…。

テーマ : 映画
ジャンル : 映画

プロフィール

哲哉

Author:哲哉
山形在住。フリーのデザイナー。
東北芸術工科大学2期生/情報計画専攻。地元テレビ局で毎日の締め切りに追われつつ、自主映画を撮ったり山形自主制作映像祭で上映したり双子を育てたり。あとは少林寺拳法の稽古を細々と。
美味しいもの好き。お酒だいすき。

映像や紙の仕事、承ります。
http://www.dewa.or.jp/tse

Facebookはこちら。
https://www.facebook.com/tetsuya.sato.35

t2ya_the_one@mac.com

ドロップダウンカテゴリリスト
検索フォーム
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
リンク