春のパスまつり。

そろそろ梅雨にもなろうかってのにナニ言ってんだ!て感じですが。今年は春…というか新春から、日々、仕事やら自主映画やらのためにパスを切っていました。

その一つが『商店ガイレンジャー』。福島県郡山市のローカルヒーローで、監督は山形県天童市の映像作家・佐藤広一くん。総尺は20分くらいですが、僕が関わったのはタイトル含め3シーン・7カットくらいです。

製作担当の方から正式に依頼されたのが、1月末。ところが監督の仕事がすげぇ忙しくて、合成素材となる3シーン分のtiff連番をもらったのは依頼から2~3週間くらい経ってからだと思います。その後も、監督に聞きたいことがあって電話やメッセージしても1週間以上連絡つかないし。ついでに僕の本業も年度またぎの番組改編や特番やらあり、その合間を縫って…主に帰宅後の深夜や仕事前の早朝…2週間くらいガリガリやって、3月末に納品しました。スリルです。スリリングです。

エフェクトやコンポジットにFusion8を使ってみたい欲もあったんですが、上述のように本業が忙しくて練習時間があまり取れず、さすがにぶっつけ本番に近い状態では危険だろう…と考え、慣れたMotion5を使用しました。でも今回ぐらい監督に連絡がつかないなら、使っても良かったのかもー!



gai_logo.jpg
頂いたタイトルロゴ(レイヤー1枚のpsd)からAffinity DesignerでパスをとってSVG保存→Blenderで3D化と簡単なアニメーションを付け、Motion5でコンポジットとエフェクト付けをしたんですが、作ってから「勝手にロゴをいじって大丈夫だったんだろうか」とか思いました。まあ、大丈夫だった(と思う)んですが。

gai_fx1.jpg
謎の電波が出るシーンにMotion5でエフェクトを付けたんですが、突然画面全体に色を付けたもんで、監督にデータを渡してから「前後のつながりは大丈夫だったんだろうか」とか思いました。まあ、大丈夫だった(と思う)んですが。

gai_fx2.jpg
悪の組織との対決もMotion5でエフェクトを付けたんですが、もらった素材以外に勝手にフルCGを1カット付け足してシーケンス化したので、監督にデータを渡してから「尺が変わっちゃったけど大丈夫だったんだろうか」とか思いました。まあ、大丈夫だった(と思う)んですが。

色々反省点がありますが、製作からも監督からも「好きにやっちゃってください!」と言われてたので、大変楽しかったです、はい。作品自体も、去る5月11日に郡山市で関係者試写会が開かれ好評だったとのことで、やれやれ一安心といったところです。僕は仕事のため参加できなかったので、完成版を観るのがとても楽しみなところでもあります。



…さて。『商店ガイレンジャー』の他にもう1本、同時進行している別の作品の合成がありまして。こちらは、商店街で自転車に乗る高校生2人を切り抜き、背景に映り込んだ不要物を消す…というもの。こちらも当然パスまつりなのです。2人の自転車の速度が変わって前後が入れ替わったり、それにカメラのパンが加わったりして、何気に難易度高めで楽しいんです。こちらも諸々の目処が付いたらブログにまとめようかと思ってます。

テーマ : 映画
ジャンル : 映画

プロフィール

哲哉

Author:哲哉
山形在住。フリーのデザイナー。
東北芸術工科大学2期生/情報計画専攻。地元テレビ局で毎日の締め切りに追われつつ、自主映画を撮ったり山形自主制作映像祭で上映したり双子を育てたり。あとは少林寺拳法の稽古を細々と。
美味しいもの好き。お酒だいすき。

映像や紙の仕事、承ります。
http://www.dewa.or.jp/tse

Facebookはこちら。
https://www.facebook.com/tetsuya.sato.35

t2ya_the_one@mac.com

ドロップダウンカテゴリリスト
検索フォーム
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
リンク