FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ガキ大将とブルートレイン。

いま自分の作品の脚本を書いたりしてるんですが、
Macに向かってキーボードをチャカチャカ打ってる間に、
フと思い出したことがあります。




僕が子供(幼稚園とか小学生)の頃、父が、映画の上映団体を運営していました。
山形市の映画館からフィルムを借りて、
山形県内(主に新庄市・最上地方だったと思う)の公民館や小学校の体育館で上映して回るという。
(今はNPO新庄映画センターが引き継いでるのかな?)

んで、僕と弟はその上映会にくっついて、何本かの映画を観てた訳です。
ハリウッドの超大作とか東映アニメ祭り的な作品ではなく、
ちょっと教育目的だったり、
どちらかと言えばマイナーな部類の映画が多かったと思います。




その中で特に好きだったのが『ガキ大将行進曲』。
観たのは…小学校1年か2年くらいでしたか…確か。

転校生の主人公が、その小学校のガキ大将とケンカして。
小学校の遠足登山で、どちらが先に頂上に着くか競争する
…って話だったような気がします、概ね。

仲良くなった友達と協力して、
登山コースをショートカットするため川に筏を浮かべておいたり、罠を仕掛けたり。
それ以外にも「事前に振られてた話題が後々重要な要素になる」という場面が結構多かった
…と思います、確か。

まあとにかく色々記憶が曖昧なんですが、
「すごく面白かった!」という感想はキッチリ残ってます。

『Back to the future』シリーズが好きなんですが、
その大きな理由に「伏線の妙」があって。
思えば僕の伏線好きは、この頃から既にあったんだなーと。
妙な感慨を覚えた次第です、ハイ。




あとは『ブルートレインひとり旅』も好きでした。

父親とケンカした少年が家出して、
ブルートレインに乗って西鹿児島に行く…という、大筋はそれだけなんですけど。
その車内でいろいろな出来事を少年が体験し、
父親も少年を追いかけるうちにいろいろ考え、
親子共々成長する…って話だったと思います。

こっちも面白い映画だったと記憶してますが、
それよりも単純にブルートレインが好きだったんですね。

この映画をキッカケに、
親に頼み込んで、東京駅から西鹿児島駅(現在の鹿児島中央駅)まで「はやぶさ」に乗りました。
まあ、あくまでブルートレインに乗るのが目的であって、
到着地での観光はあんまり印象に残ってないんですが。
桜島の灰がすごかったのと、
弟が観光疲れでグズグズ気味だったとか、
そんな、わりとどーでもいい事は案外覚えてたりします。




マイナーなだけに、DVDなんかも出てないようです。
機会があれば、もう一回観てみたいなあ。

テーマ : 映画
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

映画好きの所以は、そんな英才教育(?)にあったのですねー

Re: タイトルなし

> 物産
教育というか、単なる趣味というか…(^◇^;)
まあでも、好きな映画は何回も見せてもらったりしたから、
確かに影響は大きいな~。
プロフィール

哲哉

Author:哲哉
山形在住。フリーのデザイナー。
東北芸術工科大学2期生/情報計画専攻。地元テレビ局で毎日の締め切りに追われつつ、自主映画を撮ったり山形自主制作映像祭で上映したり双子を育てたり。あとは少林寺拳法の稽古を細々と。
美味しいもの好き。お酒だいすき。

映像や紙の仕事、承ります。
http://www.dewa.or.jp/tse

Facebookはこちら。
https://www.facebook.com/tetsuya.sato.35

t2ya_the_one@mac.com

ドロップダウンカテゴリリスト
検索フォーム
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。