FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

家を建てます。

土地が約187平方メートル。
建物は2階建て・延べ床面積が104平方メートルくらい。
何と言うか…小さい家だけど、身の丈に合ってるかな、と思ってます。

設計図1

設計図2

とある子供向けイベントに行った際、
「ついでにモデルハウスも見ていこう」となりました。
双子が生まれ、将来的にそれぞれの部屋も要るよなあ…と考えるようになりましたが、
「こんな家に住みたい」という強い欲求・要望もなく、自営業という事もあり、
「家を建てる」というよりも「中古で買って安くリフォーム…かな?」という考えでした。

しかしイザ中古住宅を探すと中々希望に合う・近い家が見つからず、
また、住宅の技術革新や耐震性などを考えると最終的には新築と同程度かより高くつく勢いだったので、
まあ新築も視野に入れてみようかな、と思ったのでした。





■建築業者の決定
週末ごとに、メーカーの大・小問わずモデルハウスを回りました。
結果、建物・建築技術に対する印象は「どれも大差ない」。
これは決して悪い意味ではなく、
各業者が提案しているシステムや物理的構造よりも、
予算・期間・好みなど購入者の提示する条件の方が大きいなあ…と思い始めたのです。

同時に家を建てた友人の意見なども聞きつつ、
Webで各メーカーサイトや口コミをチェックしていきました。
が、Webについては振り幅が大きく、
結果的には参考になった部分が少なかったように思います。

で、僕の場合は「営業担当者」を重視することにしました。
人当たりの良し悪しなどもあるのですが、
「適度な押しの強さ」「疑問に対する論理的な回答」「そもそもの頭の回転の速さ」
この辺り、かなり気になるようになっていました。

で、ある展示場で会った方が上記の条件を満たしていまして。
その方は、ダイワハウス山形支店で十数年勤務されてるベテランの方でした。
僕は密かにダイワマンと読んでいます。

大手メーカーゆえに建物の資産価値の目減りが少ない点や、
近しい人が同社で建てて満足している点も考慮し、
何度かの相談を経て、ダイワハウスでの建築を決めました。





■住宅ローン
「自営業 住宅ローン」でググってもらうと分かるのですが、
自営業者が銀行の住宅ローンを組むのは、一般的に厳しいです。
全く貸してくれないか、借りれても小額だったり高金利だったり。
なので銀行ではなくフラット35の利用が標準的なようです。
あるいは自営業・フリーランスの住宅ローンについては、
富士丸の父ちゃんの苦労を読まれた方も多いのでは。



僕の場合、銀行側のチェック(予備審査)に提出した書類は、
過去3年分の確定申告書&収支内訳書のコピー、現在の預貯金(通帳)のコピー、予定する土地や建物の計画書、など。
一般に「個人情報」と言われるものをドーンと提出します。
まあ、現在の日本で自営業が住宅ローンを組もうとすると、こんなものでしょう。

実は、これらの書類で予備審査を銀行に依頼したところ、
僕と大和ハウスの間で想定していた金額が出ませんでした(笑)。
そのため土地の選び直しからやらなければなりませんでした(後述します)。



とはいえ僕と銀行(いわゆるメインバンク)との間でダイワマン氏がかなり頑張って動いてくれまして。
最終的には、年収の6倍ほどを低金利で借りることができました。
本来なら「そもそも借りることすらできないかも」という状況・立場を考えれば…各方面に感謝です。

その意味では、銀行側もなかなか頑張って動いてくれたと思っています。
まあ単純に、大手が間に入っている安心感みたいなものもあったのかもしれませんが。
またダイワマン氏によれば、
「借り入れ金・ローンなし」「自動車を一括で買っている」なども説得材料だったみたいです。
僕も妻も「結局一番安いのは一括だねえ」という買い方をしていたのですが、
それが意外なところで役に立った…という感じです。

銀行との本契約には、
身分証やハウスメーカーの各種契約書&図面に加え、
市役所:住民票1通・印鑑証明3通・所得証明過去3年分・納税証明過去3年分
税務署:納税証明その1&その2各過去3年分
あたりを提出。
重要事項説明を受けた後、10カ所くらいに実印を押して完了。
また僕の場合は保証人不要でしたが、借入額の2%を「保証金」として支払いました。





■土地の決定
先に書いたように、当初見込んでいた額のローンが受けられず、
土地・建物とも白紙に戻したのですが、
タイミングよく、売り出されたばかりの土地情報が、営業マン氏を通して入りました。

その土地は地主さんが売却を決めたばかりで、
まだ一般的には広告も何も出回っておらず、
ハウスメーカーと不動産会社のコネクションで見つかった…という感じです。
ハウスメーカーが直接購入した土地ではないので、
仲介の不動産屋さんへの仲介手数料が発生してしまいますが、
それでも、全体としては納得できる範囲。

山形市東部の割と地盤が堅い場所で、僕も妻も割と土地勘があり、
その場所を中心とした生活を(当初予定の土地よりも)イメージしやすかった…などを大きく捉え、
最終的にその土地で決定しました。

土地購入契約後、造成で幾らか盛り土をすることもあり、
契約時は不要と見られていた地盤改良工事費(約90万円)が予定外に必要になったのですが、
結果的には納得できる買い物になったと考えています。



ほか、蔵王の土地情報も入りました。
そちらは、安くて広い、土地だけ見れば良い所だったのですが、
実際に出向いて比べた結果、周辺環境の点で、
僕も妻もあまりに土地勘が無く、その土地での生活が想像しにくいということで断念。

また、最長50年の期限付きで土地を借りる定期借地権付きの土地もかなり考慮したのですが、
「50年過ぎたら更地にして返還するか、差額を出して買い取りするか」しなくてはならないのが、
僕のような仕事には厳しいかな?と考え、選択肢にはしませんでした。





■設計・設備
ここで重視したのは以下の3点。

●双子それぞれの部屋の確保:そもそも家を建てるきっかけ
●僕の仕事部屋の確保:仕事柄、篭れる部屋があった方が良い
●駐車場3台分の確保:山形は公共交通機関がヘロヘロ&冬の雪置き場も考えておくべき

以上の点に合わせて、当初ハウスメーカーから提案された案に修正を加えていきました。
あとは、選択可能な範囲から自分たちの好みに合わせて、という感じです。
妻も、台所周り・水周りなど、中々満足しているようです。

オール電化にするかどうか、僕も妻もかなり迷いましたが、
●東日本大震災の経験&経験談
●双子に「火」を見せる
●ハウスメーカーと提携してるガス店からの購入なので光熱費がオール電化とほぼ同じ
●ガス器具メーカーの新製品導入で床暖房のオプションが付いてくる
…主にこの辺りの観点から、ガスに決めました。

カラーコーディネイトや外壁や内装の素材選択は、
事前に妻と話していたこともあり、割とすんなりでした。





実際には、ローン審査と土地探しと建物の希望のまとめがほぼ平行して行われ、
当然、打ち合わせの場(ダイワハウス山形支店)に双子も連れて行くことになります。
託児専門の女性スタッフ(双子は「おねーさんはー?」と呼んでなついてた)がいるとは言え、
ことある毎にグズグズになります。
正直に言えば、それに付き合いながらの打ち合わせは無茶苦茶ヘビーでした…。



で。
双子が2歳5ヶ月となった今日(2012.10.21)、地鎮祭をしてきました。
僕は「やらなくてもいいかな?」と思っていたのですが、
妻の「何か区切りがあっても良いのでは?」との意見に賛同しての実施です。

双子弟は比較的落ち着いていたのですが、妻にずーっと抱っこされ。
双子兄に至っては非常にグズグズで、抱っこしながら片手で鍬入れしました…。
故に、折角カメラを持っていったけど、
ムービーもスチルも、記録の類いは一切ナシ…まあいいけど(´Д`)



とまあ、こんな感じで、良いこと悪いことゴチャマゼの中、
25日に着工、年末12月25日に引き渡し予定です…
……って、そんな時期に引っ越しできるのかいな?
土地

テーマ : 日々のつれづれ
ジャンル : 日記

コメントの投稿

非公開コメント

No title

着工おめでとうございます。来年が楽しみですね。
そこで一つ・・・
建築現場にはうざがられない程度のコミニケーションをとりながらも通ったほうがいいですよ。
いくら営業マンが良い人でも現場の人がどういう人か分かりません。
現場の人と営業マンのコミニケーションがとれてないという事はよくある事です。
自分自身が設計を把握し、チェックする気持ちでいたほうが間違いがあったときリカバリーできます。
僕も6年前建てましたけど、現場の人には伝わっないことが少々ありました。
その都度笑顔で修正依頼して事なき得ましたが、そのまま進んでいたらヽ(´Д`;)ノ
どんな現場でもそういうことは多少は出てくると思いますので・・・
あと、神事はやっておいたほうが良いです。家建てたあと不幸が訪れる事は良くあることなので。
とりあえず完成後はお払いしましょう。

余計なお世話かもしれませんが、熱い長文を読んで6年前を思い出し思わず投稿してしまいました。
イイ家が建つといいですね。

Re: No title

> matsu
ありがとうございます!

現場には、行ける時にこまめに足を運ぼうかとは思ってました。
建築が始まれば最後は技術者を信じるしかないのでしょうが、
確かに、一般に、営業と現場の連携が不足する事もありますからねえ(僕もありますから(汗))。
やはり僕が確認する心持ちも必要なのでしょうね。
余計なお世話なんて、とんでもないです。
実体験を聞けると参考になるし、心強いです。
ホントにありがとうございます!

そして今回のエントリー、確かに長くなっちゃいました(笑)。
実は「自営業が家を新築する実際」を知りたくて調べてた時期があるのですが、
そういう実例や情報がなかなか見つからなくて。
今後、僕と同じような立場の方が家を新築する際、
「こういう事例もあるよ~」という参考になればと思ってます。

外溝やらカーテンやらは、
イメージが固まりつつも実際の行動はほぼ全てこれからなので、
しばらく家関係でも忙しくなりそうな感じです…(´Д`;)
まあでも長いこと使う物なので、できるだけ納得できるよう頑張ります。

No title

6年前、自分が建てるとき作ってたブログです
パスワード忘れてそのままてぶっていましたが、まだ生きてるようなので・・・
題名からして哲也さんとは相反していますが自営業者が建てたということの1事例としてご覧下さい

http://blog.livedoor.jp/maboo39b/

Re: No title

> matsu
うわー!情報ありがとうございます!

気になる所も幾つかあり、
もっと早くに観ていたら僕のプランも変わっていたかも?^^;
まあ、これも縁ですね~。

一国一城の主ですか!
同じような商品を扱っている場合、やっぱり決め手は営業さんの人柄ですよねー。
いいなあ、書斎。

Re: タイトルなし

> 物産
領地は(ひいては書斎も)ちっさいけどね(^-^;)
自分でいろいろやれる範囲が広がったから良し!という感じ。
あえて言うならスタジオが欲しかったな~(笑)。

営業担当者の言葉に納得できるか、
不明な点はすぐに技術担当者に聞いてもらえるか(そしてその回答は満足できるものか)、
納得いく回答が出るまで付き合ってもらえるか。
これらが僕の中では十分な能力を持ってる人だと思ったよ。
プラス、いろいろ提案してくれたので満足。

あと買い物そのもについては「満足」より「納得」を重視して、
その結果として満足したって感じかなー。
プロフィール

哲哉

Author:哲哉
山形在住。フリーのデザイナー。
東北芸術工科大学2期生/情報計画専攻。地元テレビ局で毎日の締め切りに追われつつ、自主映画を撮ったり山形自主制作映像祭で上映したり双子を育てたり。あとは少林寺拳法の稽古を細々と。
美味しいもの好き。お酒だいすき。

映像や紙の仕事、承ります。
http://www.dewa.or.jp/tse

Facebookはこちら。
https://www.facebook.com/tetsuya.sato.35

t2ya_the_one@mac.com

ドロップダウンカテゴリリスト
検索フォーム
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。