FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

久々の音作り。

いま、とある朗読・劇公演のための音源制作をやってます。依頼してきた方(今回の朗読・劇の演出)は僕の自主映画に出演してくれたこともあり、また、山形市で毎年夏に行われている朗読・劇「平和劇場」で同じ舞台に立ったという縁もあります…が、何より、久々の音作りという点に惹かれました。最近の音いじりといえば映像作品の簡単なMA程度だったので、「いっちょやってみるか」と引き受けたのでした。

ただ、その公演は11月15日で、引き受けたのが10月末…制作に当てられる時間はおよそ2週間。効果音は手持ちのライブラリ含め何とかなるとしても…音楽の方は、経験が浅い僕がゼロから作曲するのは無理と判断しました。なんやかんやで仕事の合間の制作になりますし。映像ならまだしも…(笑)。



Garage Band
というわけで、全力でGarage Bandのお世話になりました。脚本と演出のイメージを元に簡単なループを作り、音的に演技の邪魔になりそうな所を丸めて、wav形式で書き出して…、

Sownd edit
編曲や効果音の編集はLogic Pro X…ではなく、Pro tools…でもなく、Final Cut Pro Xに持ってきました。まあ、慣れてる=早いからですが、映像素材から持ち込む効果音の確認をし易くするためでもあります。ここで、脚本から割り出したおおよその尺を基に、ちょっとエフェクトもかけたりしつつ音楽と効果音を必要に応じで混ぜ混ぜし、iTunesに書き出してプレイリスト化して…、

ACD.jpg
ひっっっっっっっさびさに焼きましたオーディオCD。何年ぶりだろ。「iPhoneとかiPodはどこ行った! せめてMD持ってこいよ!」とか言われそうですが、ハコの制限上オーディオCDにせざるを得なかったのです。生ディスクを仕舞った場所や、iTunesでCDを焼く手順を、うっすら忘れてましたけど…。

音を延々と突き詰めていく仕事は決して慣れてはおらず得意でもありません。その割に時間的な制約も大きくあります。ただ今回に関しては、そういう不都合な部分をどう乗り越えるかを含め、思ってたよりも新鮮で楽しい制作でした。きのう演出にプレビュー版を渡し、これから役者さんの演技などに合わせ修正を加えていくことになると思いますが、ダレずに頑張ろうと思うところです。



「音」の重要性は、仕事や自主映画で身に染みています。音楽がシーンの雰囲気を変えたり、効果音でで映像の印象が変わったり…というのは勿論ですが、カメラマイクで台詞を拾っていたがために冒頭30秒で観るのをやめた自主映画が何本あることか(いや、これは音だけが理由じゃない事も多いですけどね)。画の主張と音の気遣い…みたいなことを思うのでした。

テーマ : 映画
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

哲哉

Author:哲哉
山形在住。フリーのデザイナー。
東北芸術工科大学2期生/情報計画専攻。地元テレビ局で毎日の締め切りに追われつつ、自主映画を撮ったり山形自主制作映像祭で上映したり双子を育てたり。あとは少林寺拳法の稽古を細々と。
美味しいもの好き。お酒だいすき。

映像や紙の仕事、承ります。
http://www.dewa.or.jp/tse

Facebookはこちら。
https://www.facebook.com/tetsuya.sato.35

t2ya_the_one@mac.com

ドロップダウンカテゴリリスト
検索フォーム
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。